鎌倉遺文 古文書編 文永2年~文永5年(1268 - 竹内理三

竹内理三 古文書編 鎌倉遺文

Add: amexob38 - Date: 2020-11-28 16:53:50 - Views: 8997 - Clicks: 1913

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 鎌倉時代の古文書を網羅し、編年式に集大成した中世史研究の根本史料。. 戦後文学のみた〈高度成長〉 511. 竹内理三; 402. ^薩摩比志島文書』比志島時範軍忠状案「件條、去年六月廿九日蒙古人之賊船數千余艘襲來壹岐嶋時、時範相具親類河田右衛門尉盛資、渡向彼嶋令防禦事、大炊亮殿御證状分明也、」(竹内理三編『鎌倉遺文』古文書編 第十九巻 東京堂出版 一四五八三号). タイトル: 鎌倉遺文: 著者: 竹内理三 編: 著者標目 : 竹内, 理三,: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 東京堂出版: 出版年月日等: 1979.

著者:鎌倉. 経は、文永8年~11年(1271~1274)、津田郷の領主的存在であった中原宗包が父母の十三回忌の追善のために、三之宮神社に奉納したものです。本資料は、鎌倉時代中期に摺写された書写経・版経で、全600帖のうち598帖が残っており、現在に至るまでほぼ全巻が原所有者の元に残されている例は. 年のデータがあった 奥富(1999)には、1298年の名前のデータが載っています。それは竹内理三編『鎌倉遺文』第26巻(東京堂出版,1984)から「近江津田奥津島両村人等連署起請文」(19703号)というものです。津田荘(近江八幡市・北津田町)の村民たちの名前です。. 仏都鎌倉の一五〇年 510. 広島県史の古代中世資料編Ⅳ・「尾道地区・浄土寺文書」の中に『定證起請文』として、 嘉元四年(1306)十月十八日付で、書き付けが残されている。 「紀伊国人 定證 深教房」は、故郷を訪れ恩愛(おんあい)の為に、 金剛寺を、弘安七年(1284)十月頃に中興したと考える。 弘安三年(1280. 土岐 頼貞(とき よりさだ、1271年~1339年)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将、御家人、守護大名、歌人。父は土岐光定。母は北条経時の娘か(後述参照)。室町幕府の初代美濃守護。主な通称 および 官途は、隠岐孫二郎、伯耆守、伯耆入道。. 記念刊行会,北星社, 1978年2月 塀厳禅寺は山陰屈指の名刺。延文5年南漠禅師の開創以来,皇室・室町歴代将 軍の尊崇。守護山名氏の外護で数多くの貴重な古文書を伝存。頂相・消息装 飾経などもある。これら寺宝類の全容を写真掲載の上紹介。古文書の解説を.

島津 久時(しまづ ひさとき、1225年~1284年)は、鎌倉時代中期の武将、御家人。島津忠時の嫡男で、島津氏の第3代当主。晩年に島津久経(ひさつね)に改名。法名は道忍(どうにん)。通称は大隅修理亮、下野守など。 はじめに 忠時の嫡男 下野守任官と「久経」への改名 烏帽子親の推定. : 大和平田庄惣追捕使注文案 建久4年4月6日 (差出人)惣追捕使清原 改訂新庄町史編集委員会 役割 編 新庄町史. 商品詳細 鎌倉時代古文書② 1枚 約28. 新しい仏教を取り入れた幕府と鎌倉の繁栄. 神社編5 大和国,(1987. 斎藤直成 編『江戸切絵図集成』 全6冊(中央公論社【yp6-54】) 宝暦5年以降の江戸切絵図(1枚図ではない区分図)を収録しています。 6巻に、人名、社祠、寺院、地名の索引があります。 以下は、古地図と現代の地図を加工した重ね地図や復元図です。. 245 官宣旨案)によれば、「国衙領(尾張国のどの地 域か不明でありますが、推測が許されるのであれば、おそらく尾張国中嶋・愛智・丹羽郡内の国衙領と思われます。・・筆者注)名 重 枝・次郎丸名」は、元は二つの名(名田. 鎌倉遺文 古文書編 第13巻。無料本・試し読みあり!鎌倉時代の古文書を網羅し、編年式に集大成した中世史研究の根本史料。本巻は文永2年から文永5年までの文書を収めた。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませ.

↑ 『鎌倉遺文』110905号、竹内理三 編『鎌倉遺文』(古文書編、第16巻 自文永十二年(1275)至建治二年(1276)、東京堂出版、1983年、37-38頁。 ↑ 関戸堯海「日蓮聖人の書簡執筆についての統計」『印度學佛教學研究』 54-(1)、年12月、219頁. 古文書編・金石文編・題跋編・索引編からなります。 索引編には、「寺社名索引」「件名索引」が収められています。 『鎌倉遺文』全42巻 竹内理三編 東京堂出版 320. 共著『増補改訂 兼見卿記』2、八木書店、年5月; 共著『増補改訂 兼見卿記』1、八木書店、年5月; 共著『鎌倉遺文 補遺編・東寺文書』二、東京堂出版、年6月; 共著『勘仲記』三、八木書店、年4月 『大日本史料』11編26 年6月. 42-3n 鎌倉時代の古文書を網羅し、編年順に集成した史料集。索引編には「地名索引. 3㎝ 中古品ですので画像をよくご覧になってご入札ください。 必ず下記、注意事項をご確認ください。 注意事項 ・ご落札頂きましたら、「取引をはじめる」ボタンを押して頂き、落札者情報、お届け先住所、お届け方法、お支払い方. 鎌倉遺文〈古文書編 第13巻〉文永2年(12.

叡尊(えいそん、えいぞん、建仁元年〈1201年〉 - 正応3年8月25日〈1290年 9月29日〉)は、鎌倉時代中期に活動した僧で、真言律宗を興した。 字は思円(しえん)。 諡号は興正菩薩(こうしょうぼさつ)。 興福寺の学僧・慶玄の子で、大和国 添上郡箕田里(現・奈良県 大和郡山市内)の生まれ。. 南部方面の政務を任された。鎌倉 時代末期の元弘元年(1331年)9月、元弘の乱に際して、北条高時の命によって畿内へ派遣された討伐軍に「結城上野入道」の名があるが 、諸根樟一や御橋悳言はこれを宗広に比定している 。 だが、元弘3年(正慶2年、1333年)に後醍醐. 鎌倉遺文 資料種別: 図書 責任表示: 竹内理三編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京堂出版,形態: 52冊 : 挿図 ; 22cm 著者名: 竹内, 理三 書誌id: bnisbn:古文書編1). 70 : 大和志料上 斎藤, 美澄 (1914) 大和志料下 斎藤, 美澄 (1915) 大和田原本・楽田寺の勧進帳 藤原, 重雄 季刊ぐんしょ. 著者:永村 眞 著. 文永3年 (1266年) 死没.

【tsutaya オンラインショッピング】鎌倉遺文 自文永6年(1269)至文永9年(1272) 古文書編 第14巻/竹内理三 tポイントが. 商品詳細 鎌倉時代紙背文書① 1枚 本紙27. 村上 紀夫; 224. 近世2 (岩波講座 日本歴史 第11巻) 336. 細川重男著作目録 著書1 『鎌倉政権得宗専制論』(吉川弘文館、年1月) 『鎌倉北条氏の神話と歴史-権威と権力-』(日本史史料研究会研究選書1、日本史史料研究会、年10月) 『討論 鎌倉末期政治史』(秋山哲雄氏との共著)(日本史史料研究会第一回研究報告会成果刊行物、日本史. 鎌倉時代の事跡を年代別に羅列し、目下順次作成中ではありますが、日蓮聖人の御生涯や御遺文・お漫荼羅(座配表・解説付)を年代にそって参照できます。 外字の制約を超える『超漢字』で作成したファイルをウィンドウズ用に変換したものです。.

まんがをお得に買う. このページに関するお問い合わせ先 埼玉県立熊谷図書館 地域・行政資料担当 Tel:Fax:E-mail: 1268年(文永5年)蒙古から幕府へ国書が届き、他国からの侵略の危機が現実となる。 日蓮は執権北条時宗、平頼綱、建長寺 蘭渓道隆、極楽寺 良観などに書状を送り、他宗派との公場対決を迫る。; 1269年(文永6年)富士山に経塚を築く 。 1271年(文永8年) 7月 極楽寺良観の祈雨対決の敗北を指摘。. 1巻1号 = 鎌倉遺文 古文書編 文永2年~文永5年(1268 - 竹内理三 1号 (昭和21年6月)-2巻5号 = 9号 (1947年12月) ; 10号 (1948年2月)-欠号情報 (notHoldingIssues) 欠: 169号 デジタル化出版者 (digitizedPublisher) 国立国会図書館 デジタル化日(W3CDTF形式) (dateDigitized:W3CDTF提供者 (provider) 大規模デジタル化(雑誌5) 提供制限. 鎌倉遺文 古文書編 第13巻 (文永2年(1265)~文永5年(1268)) 竹内理三 編. 『平安遺文』全15巻 竹内理三編 天応元(781)年から元暦2(1185)年までの平安時代の文書を編年順に配列した史料集。古文書編・金石文編・題跋編・索引編からなる。索引編には、「寺社名索引」「件名索引」が収められている。. {醍醐寺文書(鎌倉遺文 巻8 竹内理三編 東京堂出版 昭和53年版 p. 石井正敏「文永八年来日の高麗使について―三別抄の日本通交史料の紹介」『東京大学史料編纂所報』12、1978、のち瀬野精一郎・村井章介編『日本古文書学論集5中世1 鎌倉時代の政治関係文書』所収、1986、吉川弘文館. 鎌倉遺文 古文書編 第27巻 自正安元年(1.

鎌倉遺文 古文書編 第16巻。無料本・試し読みあり!鎌倉時代の古文書を網羅し、編年式に集大成した中世史研究の根本史料。本巻は文永12年から建治2年までの文書を収めた。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませ. 7cm) 中古品ですので画像をよくご覧になってご入札ください。 必ず下記、注意事項をご確認ください。 注意事項 ・ご落札頂きましたら、「取引をはじめる」ボタンを押して頂き、落札者情報、お届け先住所、. 【銀行振込不可】。【新品】【本】鎌倉遺文 古文書編 第2巻 自建久三年(1192)至正治三年(1201) 竹内理三/編. 文永元年~同四年(一二六四~六七)・弘安十年(一二八七)の五年分を所収する。記録類が少ない鎌倉時代後期において、政治史的に重要な記事を多く含み、貴重である。 尊経閣本は唯一の古写本であり、他の写本は尊経閣本の系統となる。『続史籍集覧. 鎌倉遺文 古文書編 第27巻 自正安元年至正安4年 竹内理三 amazonで手軽に購入 amazonなら全品通常配送料が無料 鎌倉遺文-古文書編-第29巻-自嘉元二年至嘉元四年-竹内理三 仮名草子集成-第1巻-あーあみ-朝倉-治彦 假名草子集成-第7巻-朝倉-治彦. (北野神社古文書) 文永4年11月12日 63 97 天台座主尊助法親王、重ねて山城北野社領羽咋郡菅原荘新常灯を先例に依り同社執行に成敗せしむ。(北野神社古文書) 文永4年11月12日 64 文永5年(1268) 98 石川郡白山宮荘厳講の結衆等、一味同心を誓ふ。(白山. 著者:今井 雅晴 著. 日蓮 『妙密上人御消息』古文書編、第16巻、竹内理三、東京堂出版〈鎌倉遺文〉、1998b(原著)。isbn。 文永2年~文永5年(1268 ISBN。 日蓮 『妙密上人御消息』 立正大学日蓮教学研究所、 総本山身延久遠寺 〈昭和定本日蓮聖人遺文 第2巻〉、(原著1276年)、第4版、。.

嘉禎2年(1236年)、父・親秀より家督を譲られる 。 大友泰直が史料上に現れるのは仁治三年(1242年)からであり、初見はこの年の2月13日の. 6: 大きさ、容量等: 447p ; 22cm: 価格: 5500円 (税込) JP番号:. 小説がとらえた高度成長の光と影! 著者. 大日本古文書(編年)→大日古; 平安遺文→平 ; 鎌倉遺文→鎌; 教王護国寺文書→教王; 大乗院寺社雑事記→大乗; 現在入力されている主要史料とその典拠刊本。 日本書紀、続日本紀、日本後紀、続日本後紀、日本文徳天皇実録、日本三代実録、類聚国史、日本紀略、扶桑略記、本朝世紀、弘仁式. 447. 鎌倉遺文 古文書編 第29巻 自嘉元二年至嘉元四年 竹内理三 amazonで手軽に購入 amazonなら全品通常配送料が無料 仮名草子集成-第1巻-あーあみ-朝倉-治彦 假名草子集成-第7巻-朝倉-治彦 仮名草子集成-第12巻-朝倉-治彦 仮名草子集成〈第15巻〉-朝倉-治彦. 文永一〇年に阿忍は伊甘郷の配分を受けた。前には兼長領の配分が文永一〇年に行われたとしたが、そうではなく、兼久領の配分として亡夫兼長領であった伊甘郷と弥富名を得た。この時点で兼久はすでに死亡していた可能性が高い。益田氏惣領の地位と. 竹内理三『鎌倉遺文 古文書編 第27巻 自正安元年至正安4年 1299巻』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

大友 頼泰(おおとも よりやす )は鎌倉時代中期の武将・御家人。 大友氏3代当主。. 瀬野 昔の方の論文には、註はありませんものね。註ができたのは昭和に入ってからくらいでしょう? 註というのは読む人に一々後ろを見ろというもので失礼だと言われた年輩の先生もいらっしゃった。 ―玉村 竹二, 瀬野 精一郎, 今泉 淑夫「禅宗史研究60年―上―(国史学界の今昔-28-)」、『日本. 鎌倉遺文に関する研究論文・目録等を掲載. このデータベースは、平安時代(794-1185)の古文書を中心とするフルテキストデータベースです。 竹内理三編『平安遺文』(東京堂出版刊行) を大きな柱としていますので、その名称を冠しました。 作成に際しては故竹内理三氏と東京堂出版の許可を得ております。→入力要項については.

鎌倉遺文 フォーマット: 図書 責任表示: 竹内理三編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京堂出版,形態: 52冊 : 挿図 ; 22cm.

鎌倉遺文 古文書編 文永2年~文永5年(1268 - 竹内理三

email: opikuvu@gmail.com - phone:(640) 340-3772 x 7448

すがやみつるのすぐできるパソコン通信 - すがやみつる - 東京アドバンク ガラスのはなし

-> MY茶の湯NOTEBOOK - 淡交社編集局
-> 年収1000万円「稼げる子」の育て方 - 林總

鎌倉遺文 古文書編 文永2年~文永5年(1268 - 竹内理三 - 吉野裕子 カミナリさまは なぜヘソをねらうのか


Sitemap 1

児島虎次郎 - 松岡智子 - 鍼灸医術の門 柳谷素霊